一般投資家とプロ投資家の違い

 いわゆる普通の投資家とプロの投資家を比べると、取引手法から考え方に至るまで、そこには様々な違いが存在し、一般的にはプロの投資家の方が勝率や利益率が高く、有利な取引きを行っていると思われがちなのですが、一つひとつの事柄を紐解いていくと、実はそうでは無いという事もわかってきます。

もちろん、投資の知識の豊富さや深さ、得られる情報の質や量、その技術などを比べれば、圧倒的にプロ投資家の方が優れており、たとえFX取引を相当にやり込んでいたとしても、素人である投資家には、到底追いつけるものではありません。

しかし、プロ投資家は、顧客から依頼されて投資取引を行っているために、一定の時間に必ず結果を出すという事を求められます。
これにより、時間的制約、利益的制約など様々な条件を課せられた中で投資を行わなくてはならず、その結果があまりにも悪ければ、当然その能力が疑われることになり、仕事が無くなってしまうのです。

これに対して、一般の個人投資家は、こうしたことがないために、自分の好きな時間帯を使い、好きなタイミングで取引きを行うことができます。

結果を求められることもありませんし、時間的にも利益的にも制約はありませんので、例えば不利な相場状況であるならば、投資取引自体をやめてしまい、自分にとって都合のいい相場が来るまで、いくらでも待つことができるのです。

こうしたことにより、個人投資家のほうがプロの投資家よりもはるかに高い勝率や利益率を持っていることが多々あり、そういう意味では個人投資家の投資取引はローリスクハイリターンの理想的な形を負うことができるという事でもあるのです。

FXなどの為替相場の投資取引は、いろいろある取引きの中でも、その予測や判断が難しい投資であると言われています。
世界中の通貨を取りまとめている外国為替市場の、その相場変動を完全に予測することは、不可能であるとさているほどです。

こうしたことを予測し、その精度を高めていくためには、膨大な量の情報や時間が必要になりますが、そうしたことが行えないという現実があるために、ある意味ではギャンブルに近い投資取り引きだという事も言えると思います。

個人投資家である場合には、こうした中で起こる、ほんの少し予測が的中に近い形になる局面だけをとらえて投資を行っていくことができるため、高い勝率と利益率を作り上げることが可能となります。

こうした局面は、例えば為替相場の周期的な動きの中であるとか、一定の通貨の強い動きを発生させる経済発表などがされる前後であるとか、そうした中に発生することがしばしばですので、こうしたことも踏まえながら、個人投資家はFX取引を行っていくことで、その強みをより発揮することができるのです。

株式よりもFX


私はFXを始めたのが2009年の12月でしたからもうすぐ5年になります。それまでは株式を行なっていました。私が株式よりもFXのほうが好きな理由は、FXの場合必ず買いから入るからです。株式ですと、空売りと言って株価が下落すると儲かるという理解し難い制度がありますが、その点FXは必ず買いからです。

例を挙げますと、ユーロ/ドルの場合、ユーロを買うのをロングと呼び、ドルを買う事をショートと呼びます。買った通貨の価値が上がったら売却すれば利益を得られます。今回は私がFXの好きな理由でした。別の機会に私の勝ちパターンをご紹介します。