XEマーケットなら低コスト、低スプレッド幅で取引実現

fsd989 トレーダーの方なら取引手数料を気にする方も多いと思いますが、XEマーケット(XM.com)ならその手数料がかかりません。取引手数料がかからないのであれば、スプレッド幅が広いのかといえばそんなこともないのです。例えば2013年のXEマーケットでは、通貨ペア米ドル/円の場合0.001pips程度の値で設定されています。これは単純計算すると1000ドルの取引に対して1円程度のスプレッドになるわけですから、スプレッド幅が広くはないという点が顕著にわかります。

また、スプレッド幅が更に狭く設定されている通貨ペアの取扱いもあります。米ドル/香港ドルの通貨ペアでは、0.00001pipsと最狭値といっても過言ではないほどのスプレッド幅となっています。FX取引では、基本的に取引回数が増えるほど利益を積み重ねていくことが可能ですから、スプレッド幅が狭いほどその利益を増やす事ができます。スプレッド幅が狭い=トレーダーにとって取引を有利に進めていける条件の一つとされているのは周知の事実でしょう。

XEマーケットで取扱いのある通貨ペアは53種類と豊富に取り揃えられています。そしてどの通貨ペアをとっても基本的にスプレッド幅が狭く設定されており、米ドル/円といったメジャーな通過ペア以外のマイナー通貨ペアでも、スプレッド幅は狭い値で設定されています。マイナー通貨ペアの取引を好む方においても、安心してオーダーをすることができます。但し、自分自身が保持するアカウントの種類によっては多少スプレッド幅の設定は違ってきますので注意が必要です。

最も狭いスプレッド、小数点以下5桁

米ドル/円の通貨ペアでは0.001pips前後、他の通貨ペアにおいても比較的狭いスプレッド幅が設定されているのがXEマーケットの特徴でもあります。特に注目したい通貨ペアは米ドル/香港ドルでしょう。その幅なんと0.00001pipsと最も狭いスプレッド幅といっても間違いないでしょう。スプレッド幅が小数点以下5桁の値ということは、取引回数を増やしながら利益を重ねたいトレーダーにとっても、非常に有利な条件です。

FXにおいてスプレッドは必ずかかるコストの一つでもありますから、スプレッドは狭ければ狭いほど、取引において無駄なコストを省くことができるのと共に、市場の値幅がそこまで動かないような場合でもわずかな動きで利益を出すことが可能になります。具体的な例を挙げてみるとすれば、0.0001pips(小数点以下4桁)のスプレッド幅が設定されている通貨ペアの場合、値動きがそれを上回らなければ利益は生み出せません。

しかし相場は停滞しているように見えても、ほんの少しの動きを繰り返しているものです。そこでスプレッド幅が小数点以下5桁の通貨ペアなら、その小刻みな値動きでも小さいながらも利益は生み出せる可能性は十分に大きくなるというわけです。投資資金が小額であったとしても、XEマーケットのスプレッド設定であれば利益を得られるチャンスが多くある取引が実現可能なのです。

株式よりもFX


私はFXを始めたのが2009年の12月でしたからもうすぐ5年になります。それまでは株式を行なっていました。私が株式よりもFXのほうが好きな理由は、FXの場合必ず買いから入るからです。株式ですと、空売りと言って株価が下落すると儲かるという理解し難い制度がありますが、その点FXは必ず買いからです。

例を挙げますと、ユーロ/ドルの場合、ユーロを買うのをロングと呼び、ドルを買う事をショートと呼びます。買った通貨の価値が上がったら売却すれば利益を得られます。今回は私がFXの好きな理由でした。別の機会に私の勝ちパターンをご紹介します。



株式よりもFX


私はFXを始めたのが2009年の12月でしたからもうすぐ5年になります。それまでは株式を行なっていました。私が株式よりもFXのほうが好きな理由は、FXの場合必ず買いから入るからです。株式ですと、空売りと言って株価が下落すると儲かるという理解し難い制度がありますが、その点FXは必ず買いからです。

例を挙げますと、ユーロ/ドルの場合、ユーロを買うのをロングと呼び、ドルを買う事をショートと呼びます。買った通貨の価値が上がったら売却すれば利益を得られます。今回は私がFXの好きな理由でした。別の機会に私の勝ちパターンをご紹介します。