取引プラットフォームの王道 MetaTrader4

fsd98uu FXのオンライン取引を行っている人であれば、一度はMetaTrader4という言葉を聞いたことがあるでしょう。もはや、オンライン取引プラットフォームの世界標準とも言えるのが、このMetaTrader4なのです。実際に多くのトレーダーは、取引環境でMetaTrader4を使用できるのかが、業者選びの大きなポイントになっています。

MT4には、自分好みの環境を構築できることや、システムトレードができること、そしてそのシステムトレードに使うことができるストラテジーが豊富に用意されていることなどに特徴があります。これらは、他の取引プラットフォームと比較しても、抜きん出ているといえるでしょう。チャート上からワンクリックで取引ができ、リアルタイムで市況情報が配信されることに加え、システムトレードを利用すれば、仕事中や睡眠中であっても、MT4がルールに則って、自動的に取引をしてくれます。これだけの高機能を備えているにもかかわらず、操作はしやすく設計されていますので、オンライン取引に慣れていない人でも、すぐに快適に使えるようになるでしょう。

関連情報サイト: 「信託保全.com」

たくさんある海外FXブローカーの中でも大手のXEマーケットでは、PCのデスクトップ用に加えて、モバイル環境でもMT4と完全に連携が取れる取引プラットフォームを用意しています。つまりそれぞれのトレーダーに適した取引環境を構築できるようになっているのです。

Mac用のMetaTrader4も用意

FXのブローカーの中では、Windows用のMT4しか提供していないところも少なくありません。パソコンのOSのシェアが、Windowsが圧倒的な中では、それでもしようがないと言えるかもしれませんが、XEマーケットでは、Mac OS用のMT4を提供しています。Macユーザーの中には、ブートキャンプでWindowsを起動して、その中でMT4を使用している人も少なからずいるでしょう。しかしXEマーケットであれば、もうその必要はありません。さらにXEマーケットでは、スマートフォン用やタブレット用の取引プラットフォームを用意していて、これらのプラットフォームのすべてが、MT4と連携できます。またウェブブラウザ上で動作する取引プラットフォームも用意されているので、それぞれのトレーダーに適した環境で、ストレスなく取引ができるようになっています。

株式よりもFX


私はFXを始めたのが2009年の12月でしたからもうすぐ5年になります。それまでは株式を行なっていました。私が株式よりもFXのほうが好きな理由は、FXの場合必ず買いから入るからです。株式ですと、空売りと言って株価が下落すると儲かるという理解し難い制度がありますが、その点FXは必ず買いからです。

例を挙げますと、ユーロ/ドルの場合、ユーロを買うのをロングと呼び、ドルを買う事をショートと呼びます。買った通貨の価値が上がったら売却すれば利益を得られます。今回は私がFXの好きな理由でした。別の機会に私の勝ちパターンをご紹介します。