ファンダメンタルズ分析の基本、『経済指標』について知ろう!

 「えっ、ファンダメンタルズ分析ってなんだっけ……?」となってしまった方、ご心配なく。ファンダメンタルズ分析は、ビギナーの方はあまり気にしすぎなくていいものですからね。

とはいっても、中級者になる為にはファンダメンタルズ分析の勉強は必須です。

▼ファンダメンタルズ分析とは

チャートの動きから読み取るテクニカル分析と対になる言葉で、世界経済の状況から通貨価格の変動を予測する分析方法のことです。

FXの歴史も長くなってきておりデータが蓄積されている現在では、テクニカル分析の初歩をおさえていればFXをスタートすることは十分可能ですし、その後もテクニカル分析に重きを置いてトレードしているトレーダーも多いのは確かです。が、かといってファンダメンタルズに関して何も知らないトレーダーというのも中級者以上には存在しないといっていいでしょう。

問題は、世界経済と一口でいっても、その範疇は膨大だということでしょうか。ただ現在経済地図でいえば、影響の強さを持つ「大国」はそう多くはありません。

以上をふまえてみると、その一部の「大国の経済が、世界経済に大きな影響を与える中で、「大国」が「公的に自国の経済状況を発表する機会」がどれだけFXにおいても重要か、というのはわかりますよね? そしてこの機会において、「自国の経済状況」は「経済指標」によって発表されます。

■具体的におさえておくべき「経済指標」にはどんなものがある?

雇用統計や国内総生産、小売売上高、鉱工業生産などがあげられます。あとは、アメリカでいえば消費者信頼感指数、一般には景況感指数と呼ばれているものも重要。国については(今、先に出してしまいましたが)、まずおさえておくべきは、アメリカの発表日程です。

日程をおさえたら、ビギナーのうちはその前後での取引を控え、観察することから始めましょう。指標を元にトップトレーダー達がどう動いているかが、チャートからわかるようになってくるはず。これがファンダメンタルズ分析への第一歩です。

株式よりもFX


私はFXを始めたのが2009年の12月でしたからもうすぐ5年になります。それまでは株式を行なっていました。私が株式よりもFXのほうが好きな理由は、FXの場合必ず買いから入るからです。株式ですと、空売りと言って株価が下落すると儲かるという理解し難い制度がありますが、その点FXは必ず買いからです。

例を挙げますと、ユーロ/ドルの場合、ユーロを買うのをロングと呼び、ドルを買う事をショートと呼びます。買った通貨の価値が上がったら売却すれば利益を得られます。今回は私がFXの好きな理由でした。別の機会に私の勝ちパターンをご紹介します。



株式よりもFX


私はFXを始めたのが2009年の12月でしたからもうすぐ5年になります。それまでは株式を行なっていました。私が株式よりもFXのほうが好きな理由は、FXの場合必ず買いから入るからです。株式ですと、空売りと言って株価が下落すると儲かるという理解し難い制度がありますが、その点FXは必ず買いからです。

例を挙げますと、ユーロ/ドルの場合、ユーロを買うのをロングと呼び、ドルを買う事をショートと呼びます。買った通貨の価値が上がったら売却すれば利益を得られます。今回は私がFXの好きな理由でした。別の機会に私の勝ちパターンをご紹介します。